トウネン (当年) 〔チドリ目シギ科〕 〔雌雄同色〕 L15cm 「旅鳥」                                英名:Red-necked Stint   学名:Calidris ruficollis 戻る
      ユーラシア大陸の北極圏で繁殖し、東南アジア・オーストラリア大陸に渡って越冬する。    ↓8月28日、鵡川・河口


北半球←→南半球の渡りの途中「旅鳥」として全国各地に立寄る。 河口・干潟などで普通に見られる。 スズメ大黒い足が特徴






↓9月15日、別海町・走古丹






・ 人を恐れないので、かなり近づいて撮れる。 チュリッ チュリッ と小声で鳴く。 小さな群れで干潟や砂浜、河原などで採餌する。
・ 夏羽は頭から胸と背が赤褐色となる。 スズメ大の小型のシギで足は黒い。 いつも頭を下げたまま水辺をつついて餌を探す。
戻る 索引TOPへ