オオバボダイジュ(アオジナ)(大葉菩提樹)「シナノキ科」 〔落葉樹〕 高さ:15〜20m  太さ:60〜80cm   花時期: 6〜7月 生育場所:山地など  戻る
   分布:北海道,本州(中部以北)   学名:Tilia maximowicziana Shiras.
↓ 6月19日 つぼみ。  網走


↓ 開花。 7月上旬  平岡公園



↓ 花が終わって結実 7月26日 北広島市



 ↓ 上段が本種「オオバボセダイジュ」                                                        ↓ 下段良く似た「シナノキ」

     葉が大きく、裏面に星状の毛が密生する。                               葉が小さく毛がない。      
                                           


                                                                    ↓ 翼果で風に舞う
                 ↓ 幼苗は草花のようにかわいい                   (左)本種・オオバボダイジュ10mm球,(右)シナノキ5mm

 

↓ 樹径約40cm、成木の樹皮



↓ 樹径約20cm程の幼木の樹皮


  用途: 材質は軟かく緻密で加工しやすい。 シナノキと同様に合板材・器具・彫刻・割り箸などに用いられる。
◆ よく似た「シナノキ」は葉の裏に毛が無く、球果が 5〜7mm 程度と、本種(10mm )より小さい。
◆ 本種と良く似た樹木に「モイワボダイジュ」がある。 本種同様の特徴を持っているが、葉の裏面にある毛が少ない

「ボダイジュ」(菩提樹)あれこれ
◆ 「菩提樹」は中国原産のシナノキ科の落葉高木。 北海道で同科の木は、本種「オオバボダイジュ」「シナノキ」が自生している。
◆ シューベルト作曲の「冬の旅」の「菩提樹」や、映画の題名でも知られている。
◆ お釈迦さまに縁のある「菩提樹」は他科の木で「インド菩提樹」。
◆ その他「西洋菩提樹(リンデンバウム)」など、いろいろ種類がある(省略)。
◆ 養蜂家は「シナノキ」が高級な蜜源となるため「菩提樹の蜜」と呼んでいる。


戻る 索引TOPへ