マムシ(ニホンマムシ)(日本蝮) 〔クサリヘビ科〕 大きさ:全長40〜60cm 有毒・危険     戻る
    生息地:北海道、本州、四国、九州   学名:Gloydius blomhoffii    英名: Japanese mamushi
 
他のヘビと比較すると全長が短く 太く 左右に区切られた斑点模様(銭形班)が並ぶ。 北海道では天売・焼尻島にも生息している。
                                                                                               
◆ 森林〜平野まで広く生息している。 北海道では唯一の毒ヘビで、天売・焼尻島にも生息している。 特に北海道産は大型と言われ1m級も生息するようだ。
◆ 「ズングリ・ムックリ銭形斑点のある茶色いヘビ」が見分けのポイント。 このヘビに小石を投げて見たら、他のヘビでは見られない速さで飛ぶように逃げて 
  行った。 「おとなしいヘビで積極的に人を襲うことはない」と言うが、緊急時の動作は極めて敏しょうと感じる。イタズラするのは極めて危険と思う。
◆ 土や枯草と同じ色の保護色で、マムシの存在気付かず 踏む、触るなどで噛まれる事故が多い
◆ 噛まれると激痛が走り、少しずつ腫れが広がって行く。  噛まれて死に至る割合は1%程度。
   噛まれた所を口や吸入器(ハチ用)で毒を吸い出し、清水で洗って、傷口の心臓に近いところを軽くしばって(毒の周りを遅らせる)緊急病院へ
   口で吸う場合、混じった毒を血液ごと吸う・吐くを繰り返す。(誤って飲んでも強い胃酸で凝固分解されるので大丈夫) 
   ただし口に傷や炎症有る場合は吸引してはいけない。 また患部は「冷やさない方が良い」との意見が多い。
◆ 病院で毒を中和する血清を投入すると、死に至ることはない。
 
◆ この「マムシ」「ハブ」には目と鼻の間に赤外線センサーがあり、わずかの温度さを検知して獲物の存在や位置を正確に捉える機能がある。
マムシはヘビなのに卵を産まない。 体の中で卵から孵化し、体外に幼蛇を産み落とす
  哺乳類のように親から栄養を受給され育つ「胎生」と異なり、卵自身の栄養で育ち孵化して、体外に出るので「卵胎生」と呼ばれ区別される。
◆ 普通、夏に交尾して翌年の夏から秋に5〜15頭の幼蛇を産む。 雌は2〜3年に1回度、繁殖し子を産む。
◆ 北海道に住む蛇は「アオダイショウ」 「マムシ」 「シマヘビ」 「カラスヘビ(シマヘビの黒色)」 「ジグムリ」 「シロマダラ」が住み、有毒は「マムシ」のみ




戻る 索引TOPへ