コガモ (小鴨) 〔カモ目カモ科〕 〔雌雄異色〕 L38cm 「冬鳥」     英名:Common Teal  学名:Anas crecca 戻る
      ユーラシア,北米大陸で広く繁殖、越冬のため飛来する。 <水面採餌ガモ> 北海道では少数湿原で繁殖している。  
↓ 4月7日、富良野市・鳥沼        ↓オス(茶色と緑or濃青の頭と顔)


     ↓メス  



↓オスは口を開けて「ピィ ピィ」と鳴く (他のカモはグェッグェッが多い)                                                   ↓メス                                    
 
 
                                                                                                                枝先に止まる↓
 


10月1日、足寄町・オンネトー↓







◆ ハトより少し大きい、小型のカモ。 冬期間、北海道の不凍の小沼、河川で見られる。 
◆ 植物食が主で水草や藻、葉や茎、植物の種子など、給餌場にも集まる。 
◆ カモ科の多くと同じように巣作り・抱卵・雛育・巣立ちまでメスのみで行い、オスは協力しない。 抱卵に入ると番(つがい)は解消される。
   オスは繁殖地に戻るまでに新しいメスを探すため、別のメスに寄り添って番の成立に努力する。
◆ オスの鳴き方は多くのカモのようなグェッとは鳴かず、野鳥のように ピリッ  ピリッ ピリッ と鳴くので戸惑うことがある。
戻る 索引TOPへ