キンクロハジロ (金黒羽白) 〔カモ目カモ科〕 〔雌雄異色〕 L40cm 「旅鳥」または「冬鳥」      英名:Tufted Duck   学名:Aythya fuligula 戻る
  ユーラシア大陸で繁殖し、越冬のため渡ってくる。「湖・河川・沼・海上」で「秋・冬・春」に見られる。   ↓ 5月1日、喜茂別町  左・メス, 右・オス


 潜水が得意で甲殻類や水草などを潜って採餌する。











↓ 5月1日、喜茂別町、道端の沼



・ ユーラシア大陸の高緯度地方で繁殖し、日本には越冬のため冬鳥として渡来する。 北海道にはその途中に立ち寄る旅鳥と、越冬する冬鳥がいる。
・ オスは黒白のツートンカラーで後頭部に冠羽があり黄色い目が見分けのポイント。
・ 潜水して採餌する潜水ガモで、ホシハジロと同様に淡水の河川・沼・湖で見かける方が はるかに多い。北海道の北部でわずかに繁殖もしている。
・ 主として水中の貝や甲殻類、小動物を採餌して丸飲みする。昆虫や、水草も食べる。<潜水ガモ>
・ 抱卵期を過ぎると番(つがい)は解消し、翌春までに新しく番が成立する。
戻る 索引TOPへ