カワアイサ (川秋沙) 〔カモ目カモ科〕 「英名:Common Merganser」「学名:Mergus merganser 〔雌雄異色〕 L65cm 「留鳥」又は「冬鳥」  戻る
  良く似たウミアイサは海および海に近い河川で見られ、本種は湖沼・河川で良く見かける。 
↓ 2月6日、屈斜路湖の番(つがい)     


↓飛び立つのに助走が必要

 

↓ 2月15日 春国岱の流氷


◆  北海道では周年見られる。 多くはユーラシア大陸中北部と北アメリカ北部で繁殖し、冬鳥として飛来するが、道内でも繁殖している。
◆  良く似たウミアイサと同様に潜水が得意で、魚などを潜って捕食する。 ウミアイサは後頭部に冠毛があり、本種より少し小さい。  




戻る 索引TOPへ