イワガラミ(岩絡み)「ユキノシタ科」 〔つる性・落葉樹〕  長さ:10〜15m  太さ:5〜7cm 程度  花時期: 6〜7月  生育場所:山の林内など  戻る
   分布:北海道,本州,四国,九州   用途: 公園樹として植えられることがある。 学名:Schizophragma hydrangeoides Siebold et Zucc.
山中の樹木や岩に気根でよじ登るツル性の木本。  中心部は多数の両生花、外側に白い1個の装飾花をつける。











「ツルアジサイ」「ツタウルシ」などと同様に他の木に気根で、ほぼ真っすぐよじ登っていく。  気根のない「マタタビ」「ヤマブドウ」などは巻きついて登る。





「ツルアジサイ」  「イワガラミ」本種

樹皮の違い

       
 

← 樹皮が薄く剥がれている・       
        ・
           樹皮の皮目があるだけ 



「ツルアジサイ」 ↓                               ↓ 「イワガラミ」(本種)


雪の上に落下した枯れた花
 「ツルアジサイ」装飾花4枚                                   ↓ 「イワガラミ」(本種)装飾花1枚




良く似た「ツルアジサイ」の詳細

戻る 索引TOPへ