アカハラ (赤腹) 〔スズメ目ツグミ科〕 〔雌雄異色〕 L24cm「夏鳥」                      英名:Brown-headed Thrush   学名:Turdus chrysolaus 戻る
    春夏に本州中部以北や北海道で繁殖し、秋冬に南に移動、またフィリピン、中国南部にも渡って越冬する。   ↓5月21日、札幌 オス

 
オスは樹木の高いところで「キョロン・キョロン・ジィ」と繰り返してさえずる。 地上で虫やミミズなどを補食する。 ↓5月26日、富良野 メス



↓ 地中のミミズなどを捕食するため、クチバシに土が附着している。



↓ 上の正面。 公園など人の多い所では、近くまで近づける。



↓ 5月18日 札幌、百合が原公園


◆ 繁殖地は本州北部・北海道、千島列島、サハリンにほぼ限られ、冬は越冬のため本州中部以西から中国南部、フィリピン付近まで渡る。
   したがって生息地域は極東の島、(日本・千島・サハリン・台湾・フィリピン)にほぼ限られている。
◆ 栄巣は樹上に、小枝や土のついた草の根、松葉、シダなどで椀形に作る。
◆ 3〜5個の卵を産み、雌が約14日間 抱卵して孵化。 雌雄共同で育雛・給餌し、孵化後 約13日で巣立つ。 
◆ 地上の採餌が多く、落ち葉をほじって昆虫・クモやミミズなど捕食する。 また木の実も食べる。 
◆ 見分けのポイントは「ムクドリ」サイズで、お腹の「橙赤色」クチバシの「黄色」が特徴。 鳴声も キョロン キョロン ジィ の繰返しで分かり
   やすく、さえずりで近くの存在が確認できる。



戻る 索引TOPへ